エコ施設見学会

福井県機械工業会さんとの連携事業の一環で、エコ施設見学会に参加してきまし た。メガソーラー施設の見学では、火力・原子力依存脱却がいかに難しいのか実 感できました

1302170952_1024x768.jpg

対岸の火力発電所と、手前のメガソーラー。様々な石炭を燃やすことができる最 近の火力発電所。手前のメガソーラーといっても、ドーム球場3個分でも、火力 発電所とは比べようもないぐらい少ない発電量。雲の変化で発電量も激変する。

1302170952_1024x646.jpg

食事で中部国際空港に立ち寄り。なぜか、ヤマト2199のでっかい模型。

1302170952-1_1024x768.jpg

大規模設備向けの蓄電池。でも、ナトリウムなどが使われていて、火災事故も あったらしく原因究明中らしい。

1302170952_2995x2247.jpg

フレネルレンズで、集光して発電効率の良いガリウム・ヒ素系の太陽電池(変換 効率30%)で発電する。集光するため、太陽に正確に向いていないと発電できない ので、10秒おきに太陽追尾が必要。このため設備費用が高くつく。

1302170952-2_1024x768.jpg

家庭用にも普及してきた太陽電池パネル。ただし、太陽電池パネルは、真夏でパ ネルが高温になると発電効率が低下する。このため、保水性の焼き物に水を吹き 付け温度をさげるような工夫がしてある。

1302170952-3_1024x768.jpg

最後に見学した、トヨタ会館のトランペットロボット

1302170952-4_1024x768.jpg

トヨタの最初のクラウン。レストアのはずなのに錆などが一切見えない。元々の 部品がどのぐらい残っているんだろう...

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2013年2月17日 09:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「VMware ESXi 5.1へのESXi shell の設定」です。

次のブログ記事は「企業技術者活用プログラム報告会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。