前川先生のエコ実践

前川先生は、卒業研究でも太陽電池パネルの太陽光追尾システムを構築し、 常時動かしている電波実験設備の給電にも利用している。

機械工業会さんとの連携事業でエコシステム構築で、追尾システムの お話を聞いていたら、太陽電池をさらに興味深いエコ利用を 試されているみたい。

1205191155-2_320x240.jpg
1205191155-3_320x240.jpg

太陽光発電で自宅菜園の貯水システム

休耕田の自宅菜園の散水用の水を、太陽光発電で貯水する実験をしているとのこ とであった。

1205191155_320x240.jpg
1205191155-1_320x240.jpg

(前川先生): 休耕田で野菜を作っています。 夏場の水やりのために自動車用バッテリーとインバータ でバスポンプを動かして、田んぼの中に置いた水槽に水をためています。

バッテリーにソーラーパネルをつないで充電をしています。 田んぼの中に置いてある水槽は、80リッターのもので1980円でした。 バスポンプは、直接12Vで動かすことも出来、約1A電流が流れます。 1000円ほどのポンプで1分8リットルから10リットルの水を吸い上げられます。 2000円だとその倍の水が汲めます。 5000円も出すとさらに大きいものがあります。

放っておくと水があふれるので、タイマーを付けようと考えています。 今のところ水槽とホースを3組用意しています。

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2012年5月19日 11:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Arduino+Xbee Shield/Pr...(05/18)」です。

次のブログ記事は「ビニールハウスの制御システム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。