2011年度授業アンケート

授業アンケート(2011年度)のデータが送付されてきた。 ということで、例年通りそのまま記載。

データベース

75.9→77.8でポイントは微増。 黒板やOHP資料のポイントが低い。 担任クラスでもあり、甘めの評価の懸念あり。

情報構造論

81.3→82.3でポイントは微増。 黒板やOHP資料のポイントが低い。 意見欄では、良かったや分かりやすかったの意見があり、 総じて良い評価であったと思われる。

創造工学演習

時間不足を指摘する意見が多い。 前年度の授業段階から事前準備などの提案もあり、 目的意識を持って取り組んだという意味では、良い傾向と思われる。

プログラミング応用

77.3→81.0でポイントも上がっている。 この科目では、黒板OHPのポイントが特に悪いという程ではない。 意見欄でも、プリントが分かりやすいとか理解が深まったとの 好印象な意見が得られた。 一方、授業中の演習が座学と区別しているため、実際にどんな動きをするのか見てみたかったとの意見もあった。

計算機システム

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2012年5月28日 12:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「N進数変換とbit演算の応用」です。

次のブログ記事は「グラフィックスと純粋仮想クラス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。