就職活動の心得

1/13に、「就職活動の心得」ということで、 福井県就職者支援センターの方を招いて、本科4年・専攻科1年対象に講演会が行われた。

まずは就職の説明から始まり、新卒は「育成し次世代を担う人材」を採用、 中途採用は「退職者の人材の補填」が採用の目的で違うこと、 だからこそ新卒採用は「意欲・熱意・向上心」を持っていることが評価の対象となる。 就職では、最初から適職な職場が見つかることはほとんどない。 だからこそ複数の会社に応募して内定をもらうことは、ある意味「会社と自分の縁」だし、 そこからの仕事の中で「自分で適職となるようにする」という考えが大切

会社での選考試験では、面接や試験結果での比較して大きく違う訳ではない。 だからこそ面接での第一印象はすごく大切。 第一印象は(1)身だしなみと(2)礼儀(マナー)が大切。 面接重視といっても「みかけによらず」という人もいるかもしれないが、 こういう人は少数派。 厳選した採用の場合、みかけによらず...を採用といったriskyなことは少ないはず。

ということで後半は、各クラスから代表1名に出てきてもらい、 挨拶や会釈・礼といった時の体の角度にいたる説明や、座った際の姿勢といった 面接での第一印象を良くするための方法をレクチャしてもらう。

1101140838_320x240.JPG
 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2011年1月14日 08:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PTAMを卒研に使うための参考メモ」です。

次のブログ記事は「内之浦が再びロケット発射場に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。