Xcode使い始め...gccのバージョン

画像処理の応用で、簡単に済ませられそうなネタは、 ARToolkitでやらせてみようと、実験を始める。 といっても、MacでXCodeを使う機会がなかったので、 コンパイルしたらすぐさま、gccのバージョンが違うとのつれないメッセージ。

"Xcode gcc バージョン"でググったら、 Xcode Tools Tipsなるサイトで、設定の変更方法をみつけた。

  • プロジェクトを開きグループとファイルの一覧。
  • 右上の情報ボタンを押してビルドタブを選ぶ。
  • 設定の中のコンパイラのバージョンの中に、 「C/C++コンパイラのバージョン」の項目があるので、gcc-4.2をgcc-4.0に修正。

その後はあっさり動き出す。 といいながら、ここからが使いこなす肝心な所なんだけどね。 ひとまず、同様事例日本語のページですぐに見つからなかったし、 メモだけ残す。

そういえば先日、調べ物してたら後ろで子供(小5)が「英語よめるの?」と聞いてきた。 「Webの調べ物で目的の部分を見つける程度なら、 ざら読みできなきゃ恥ずかしいって...」と思うが、 多少なりとも「ソンケーの眼差し...」という雰囲気だったし、 「全部は読めてねぇよ...」という言葉はしまっておいた...
 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2010年11月 1日 15:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「割り込みとOSの機能」です。

次のブログ記事は「ビューテーブルとデータベース設計の導入説明」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。