Arduinoで3軸加速度センサーを使ってみた

今日から、専攻科1年の4週実験が始まった。 Arduinoを使って制御をテーマに実験をおこなってもらう。 実験の概要説明の後、歯みがきロボコンで使ったオムニホイールやら、 興味があったら触ってもらおうと購入しておいた、3軸加速度センサーの 説明を行い、自分たちのテーマを決めてもらった。 簡単なArduinoの実験後の相談で、オムニホイールの車体制御に決まったようだ。

3軸加速度センサーの実験

学生さんが3軸加速度センサーを使わないことが決まったので、 プロコンなどでも使ってもらうために、こちらで実験してみる。 購入しておいたセンサーは、MMA7260Q搭載三軸加速度センサモジュール。 データシートを見ると、Vcc=3.3[V]となっているので、以下のように配線した。

(( MMA7260Q ))
Vcc : 3.3[V]
GND : GND(0V)
  X : A0
  Y : A1
  Z : A2
GS1 : GND // 1.5Gまでの測定の場合
GS2 : GND
*SLP: 3.3[V] // SleepさせないのでHIGH

動作確認のためのプログラムで、以下を記述。

void setup() {
  Serial.begin( 9600 ) ;
}

int x = 0 , y = 0 , z = 0 ;
void loop() {
  x = analogRead( 0 ) ;
  y = analogRead( 1 ) ;
  z = analogRead( 2 ) ;

  Serial.print( x ) ; Serial.print( "," ) ;
  Serial.print( y ) ; Serial.print( "," ) ;
  Serial.println( z ) ;
}

このプログラムを動かすと、加速度なしの状態で330〜350ぐらいの範囲で 激しく変動している。1G加速度方向では500ぐらいの値が出ている。 このままではノイズが激しいし、オフセットを引いてノイズ除去を行った。 指数移動平均 の手法(α=1/16)を使用。

int base = 335 ; // 中心値
int x = 0 , y = 0 , z = 0 ;

void loop() {
  x = (15 * x  +  (analogRead( 0 ) - base) )  /  16 ;
  y = (15 * y  +  (analogRead( 1 ) - base) )  /  16 ;
  z = (15 * z  +  (analogRead( 2 ) - base) )  /  16 ;

  Serial.print( x ) ; Serial.print( "," ) ;
  Serial.print( y ) ; Serial.print( "," ) ;
  Serial.println( z ) ;
}

この状態で、平置きするとZ軸方向で165の値が得られた。 様々な方向にブレッドボードを移動して、方向に応じた加速度の変化も確認できた。
# それにしてもノイズ変動が大きいなぁ...

Processing + Firmata

試しに、Processing でデータを収集しながら、表示するプログラムを手抜きで 書いてみた。

Arduinoには、"SimpleAnalogFirmata"を書き込んでおく。
[開く]-[Firmata]-[SimpleAnalogFirmata] で Compile & Writeしておく。

(( Processing ))
import processing.serial.* ;
import cc.arduino.* ;

Arduino arduino ;

color black = color( 0 , 0 , 0 ) ;
color white = color( 255 , 255 , 255 ) ;

void setup() {
  size( 400 , 400 ) ;
  println( Arduino.list() ) ;
  arduino = new Arduino( this , Arduino.list()[ 0 ] , 57600 ) ;
}

int m = 335 ;
int x = 0 , y = 0 , z = 0 ;

void draw() {
  background( white ) ;
  stroke( black ) ;
  
  x = arduino.analogRead( 0 ) - m ;
  y = arduino.analogRead( 1 ) - m ;
  z = arduino.analogRead( 2 ) - m ;

  //println( x + "," + y + "," + z ) ;

  int xx = int( x * sqrt(3.0)/2.0 - y * sqrt(3.0)/2.0 ) ;
  int yy = int( - x * 0.5 - y * 0.5 + z) ;
  line( 200 , 200 , 200 + xx , 200 - yy ) ;
}

もっとサクサク動くかと思ったが、カクカクだなぁ。 draw() だと、リアルタイムに描画処理の中から呼び出されないかな... Processingを使い込んでいないからなぁ...

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2010年11月 2日 16:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビューテーブルとデータベース設計の導入説明」です。

次のブログ記事は「ワード境界とビットフィールド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。