補講2回目

今日は、制御構造を作れるか?をテーマに、素数検索のプログラム。 素数を見つけたら、配列に追記。それを3から100まで繰り返すという、 一番簡単なサンプル。2重 for ループ中に、break 脱出があるという 意味で、制御構造の理解には最も適した課題かな?

でも遅れてくる学生さんがいて、テンポが狂う。 補講にまで遅刻する学生のケツ拭きまでは、かなわんぞ。 多少「ほっとけ」モードを交えながら、説明。 理解している学生に、エラトステネスのふるいをやってもらおうとしたら、 時間切れ。

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2004年1月 9日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「椅子って奥が深い。」です。

次のブログ記事は「補講2回目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。