補講1回目

プログラム応用の成績不良者の自主参加による補講。 名前と複数の点数からなるデータの配列への保存を通して、 ファイルからのデータ入力の説明の後で、 同一問題を構造体を用いて説明。

危なそうな奴に限って遅刻して現れる。 でもこういう時は『ぶち切れないこと!』
# 日記の上でぐらいは、切れておこう、
おくれんじゃねぇ....

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

Google

このブログ記事について

このページは、T-Saitohが2003年12月26日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1.3GB MO を繋いでバックアップ対策」です。

次のブログ記事は「補講1回目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。