H8/3664 のプログラミング

プログラム作成の前に

プログラムを作成する前に、クロスコンパイラ環境を使えるように準備を しておいて下さい。
実験用のパソコンであれば、環境は整っているはずです。

簡単なサンプルプログラム

掲載するサンプルプログラムでは、 各プログラム毎の共通のファイルとして、以下の物を必要とする。
必須のファイル
3664.h H8/3664で使用するレジスタの定義。 レジスタを通常の変数の様に扱うために必要。
3664crt0.S メイン関数 main() の前の大域変数の初期化等の 処理をアセンブラで記述してある。
h8-3664.x ROM領域/RAM領域/スタック領域の設定と、 割り込み処理関数 int_timera() 等の ジャンプテーブルの設定用。
h8***.c 各サンプルプログラムの中心的な処理を記載してある。 通常、実験中はこのファイルだけを修正すれば良い。
Makefile 上記のファイル群を用いて最終的な実行ファイルを生成する 手順が書いてある。
通常、ファイル群のあるディレクトリ内で、"make"と打つだけで、 Makefile を読み取り必要なプログラム生成処理を実行してくれる。
生成されるファイル
h8***.coff 生成されたH8/3664の機械語ファイル。
h8***.mot h8write等の書き込みプログラムで用いる、 モートローラ形式のファイル。 h8***.coff ファイルを変換して作成する。

各種サンプルプログラム

プログラムの実行まで

必要プログラムのダウンロード

ブラウザ等で前述の必要ファイルをダウンロードし、保存する。 Cygwin 内で用いるディレクトリ名と、Windows で用いるディレクトリ名は、 違うので注意すること。
Windows Cygwin
c:\cygwin\home\user\h8\ /home/user/h8/

プログラムの修正

必要に応じてC言語のプログラムファイル h8***.c を修正すること。 ただし、行末文字や漢字コードの扱いの問題があるので、 秀丸エディタなどの行末/漢字の自動識別機能のあるエディタを用いること。

サンプルプログラムのファイルは、 unix系行末(\nのみ)、漢字コードEUCにて保存してある。

プログラムの生成

Cygwin のコンソール画面にて、プログラムが保存されているディレクトリ に移動し、

		make
	
と打てば、自動的にコンパイル作業が行われ、h8***.mot ファイルが 生成される。

プログラムの書き込み

  1. シリアルケーブルを、AKI-H8/3664ボードの DSUB-9 ピンと接続、
  2. AKI-H8/3664ボードの JP2,JP3 をジャンパピンでショートする。
  3. AKI-H8/3664ボードの電源(9V)を配線。
  4. リセットスイッチを押す。
  5. h8write プログラムを起動し、h8***.mot ファイルを、 マウスでDrag&Dropし、確認の後でプログラムが転送される。
  6. AKI-H8/3664ボードの JP2,JP3 をジャンパピンを外し、オープン状態にする。
  7. リセットスイッチを押すと、転送プログラムが動き出す。


Tohru Saitoh
Last modified: Wed May 26 11:00:22 JST 2004